ムンバイ

商業、製薬、金融の中心基地、ボリウッド映画もここから

ムンバイ 高級ショッピングモール High Street Phoenix

Kayo Osumi
Kayo Osumi
2018/1/30

今回はムンバイにあるショッピングモールを散策してみました。

 

Googleで「Mumbai Shopping Mall」と検索すると、Tripadvisorで紹介されたムンバイのショッピングモール情報にたどり着きます。

https://www.tripadvisor.jp/Attractions-g304554-Activities-c26-t143-Mumbai_Maharashtra.html

 

今回はその中からHigh Street Phoenixに行ってみました。

 

このモールはムンバイの中では一番高級モールとされており、500を超えるブランドが店を構えています。

 

世界的に有名なZARAやH&M、MANGOなどのファッションブランドが入口付近に並んでいました。

 

High Street Phoenixのエリア中心部には、PALLADIUMという商業施設が建っております。入り口入って右側です。

施設内に入ってみると、店内は高級感が溢れた内装で家族連れ、カップル、学生など若い人を中心に賑わっていました。

 

2階には北海道で有名なROYCEのチョコレートも出店。そして4階には無印良品があります。

 

2016年の8月にムンバイの店舗をOPENした無印良品は、まだインド進出が進んでいない日系小売業界にとって、先駆者的な位置づけです。現在インドにはムンバイ、バンガロール、ノイダ、デリーの4店舗構えており、いずれも高級モールの店舗で販売を行っています。現時点では全て日本からの輸入品を販売しているようです。

 

最上階のフードコートエリアは、私達がイメージするようなファストフードのエリアではなく、インド料理はじめ、アジア料理などのしっかりした店が何店舗か入っていました。

例えばこの肉まんのようなディムサムは680円です。味は美味しいですが、誰もが驚くほど安い価格でもありません。多国籍料理はローカルと比べると価格が少し高くなっている印象があります。

日本ほど多国籍な料理はありませんが、少しずつ種類は増えてきています。

ひときわ人が集まっていたのがこの「PAPABUBBLE」という、飴細工のお店。日本にも店舗があります。

スタッフの人が目の前で飴を作る姿は、インド人の人たちにとって新鮮だったのでしょうか。試食も大賑わいの様子でした。

 

こちらのglobaldesiはインドローカルのファッションブランドになりますがデザインが派手で可愛らしく、値段も安め。

 

トップスは1000ルピー前後。1月末でセールをやっていたときは、そこから50%引きです。ワンピース1600ルピー〜。ストールは600ルピー〜。個性的な柄が欲しい人におすすめです。

 

高級モールではありますが、ローカル発のブランドは比較的安めのものもあります。

 

ちょっと買い物で疲れても、皆さんおなじみにSTARBUCKSもありますよ。

 

日本でいう「高級デパート」となると、とても高いイメージがありますが、インドの場合はそこまで高すぎず、日本人観光客には十分手の届く価格です。もしローカルマーケット以外で買い物がしたい、ムンバイの流行をキャッチしたいという人は、ぜひ一度足を運んでみてください。

http://www.highstreetphoenix.com/