基礎情報

インドの国、州の基礎情報を掲載

経済事項

主要産業
農業、工業、鉱業、IT産業
名目GDP
一人当たりGDP
2兆950億ドル(2016年、成長率7.6%(2015年4月-2016年3月))
1,750ドル(2016年)
物価上昇率
3.17%(2017年1月対前年比)
貿易
2015年度輸出2623億ドル(米国、UAE、香港、中国、英国、シンガポール)
2015年度輸入3810億ドル(中国、米国、サウジアラビア、UAE、スイス、インドネシア)
貿易品目
輸出:石油製品、宝石類、機械機器、化学関連製品、繊維
輸入:原油・石油製品、金、機械製品
経済概況
2014年度に入り、経済重視の姿勢を掲げるモディ新政権が成立。2014年度のGDP成長率は7.2%、2015年度は7.6%となった。中国の経済成長が鈍化する中、有力新興国の中でも最も高い成長を遂げている。
金融政策
インド中央銀行のRBI(Reserve Bank of India)が監督。現在の総裁はウルジット・パテル氏。パテル氏はラジャン前総裁時の副総裁。
金融市場
23の証券取引所があるが、ボンベイ証券取引所(BSE)、ナショナル証券取引所で取引の大部分を占める。上場企業は7000社以上あり年々増加傾向。管轄はSEBI(Security Exchange Board of India)