基礎情報

インドの国、州の基礎情報を掲載

政治事項

政治体制
共和制(29州、2直轄領)
国家元首・首相
プラナーブ・ムカジー大統領、ナレンドラ・モディ首相
議会
二院制、上院は州会議(ラジャサブハ)定数245名(任期6年)、下院は人民会議(ロクサブハ)定数545名(任期5年)
政治概要
2014年にBJPが下院で多数を占め政権交代し、10年ぶりにの政権交代。改革推進し、国民の支持を受け2017年3月には重要地方選でBJPが圧勝し、今後上院でも徐々に多数派となる見込み。
軍事
(1)予算 約480億ドル(2015年)(Military Balance 2016)
(2)兵役 志願制
(3)兵力 陸軍115万人、海軍5.8万人、空軍13万人 (Military Balance 2016)
(4)信頼できる最小限の核抑止力の保持、核の先制不使用、非核保有国への核兵器不使用、核実験の自発的な停止等を内容とする核政策を採用。弾道ミサイル開発は継続。
(5)7,471名の軍事・警察要員を国連ミッションに派遣
在留邦人数
8,655人(2015年10月)
在日インド人数
28,047人(2015年12月)
日印関係
日インド両国は1952年に国交を樹立。2000年8月の森総理訪印の際に「日印グローバル・パートナーシップ」構築に合意。その後、2005年4月の小泉総理訪印以降、ほぼ毎年交互に首脳が相手国を訪問し、年次首脳会談を実施。2014年9月にはモディ首相が訪日し、両国関係は「特別」戦略的グローバル・パートナーシップへ格上げされた。2015年12月の安倍総理訪印は「日印新時代」の幕開けと位置づけられた。